トーシンパートナーズで不動産投資を始めよう~効率的に収益を得る~

得られる収益

模型と書類

不動産投資は一般的に収益を安定的に得られるやすいといわれるビジネスですが、リスクが無いわけではありません。このため、ビジネスを始める前にしっかりとリスク対策を確かめておくことが大切です。不動産投資を行う際に起こり得るリスクとして特に有名なのが空き室リスクです。どのような物件でも入居者が見つからないことには、家賃収入を得ることはできません。このため、このようなリスクが多発しやすいのです。これを防ぐためには、家賃保証付きの管理会社に依頼することが大切です。不動産管理会社によっては家賃収入を得られないといった時に、家賃保証によりできるだけその損失を防いでくれます。このため、どうしても大きな赤字になりやすいリスクを防ぐことができるのです。

ただ、管理会社に依頼したからといって家賃収入の全額をすべて管理会社から受け取れるわけではありません。管理会社によっては家賃の何%を保証するといったルールが決まっているところもあります。このため、入居者を集めないと全額の家賃収入を得ることはできないのです。家賃保証付きの管理会社に依頼する際はどのような作業まで代行してくれるのか確かめておくことが大切です。入居者が家賃と支払わないといった滞納リスクなどにも対応してくれるのか確かめておくといいでしょう。不動産投資といわれるビジネスを始める前に、一度管理会社に問い合わせて家賃保証の制度について詳しく聞いておくといいでしょう。